生活スタイルやご希望の部位に合わせて最適な施術プランをご提案します。

目のくま・たるみを取る

二重術のすべてTOP > 目のくま・たるみを取る > 目の上のたるみ取り

無料メール相談 無料カウンセチング予約
[74]お電話でご相談の方
目の上のたるみ取り
1/2

目の上のたるみ取りとは?
重瞼線部切開法(じゅうけんせんぶせっかいほう)
症例写真
施術費用
次ページへ(眉下切開法など)

[150]目の上のたるみ取りとは?

[125]目の上のたるみが多くなると・・・

目の上のたるみが多くなると、目が小さく見え目元の幅も小さく狭くなりがちです。また、視野が狭くなる為、目が疲れやすくもなります。
このまぶたの上のたるみを取り除く事により、すっきりとした目元を取り戻します。
また、たるみ取りと同時に二重のラインも作ることが可能です。

[126]症状に合わせた最適な方法を

目の上のたるみ取り手術は、大きく分けて4種類。
まぶたの状態に応じた手術方法により、若々しい理想の目元をとりもどしましょう。

重瞼線部切開法
└上まぶたのたるみ、眼瞼下垂(※軽〜重度)
眉下切開法
└上まぶたのたるみ、上まぶたの厚み
眼瞼下垂(埋没法)
└眼瞼下垂(※軽〜中程度)
眼瞼下垂(腱膜縫縮法)
└眼瞼下垂(※軽〜重度)


※眼瞼下垂(がんけんかすい)とは眼瞼挙筋と呼ばれる上まぶたを持ち上げる筋肉が弱まってくることでおこる、十分に目が開かない状態のこと。
[150]重瞼線部切開法(じゅうけんせんぶせっかいほう)

上まぶたの皮膚がたるみ、目に覆いかぶさると「三角目」と言われる状態になります。

三角目となり視野が狭くなると無意識に眉毛を上げようとする為、常に筋肉が緊張状態となり、肩こりや頭痛などを引き起こす原因となります。このように様々な弊害の要因となる上まぶたのたるみを取り除く事で、見た目にもすっきりとした若々しい印象となり、日常生活での負担も軽くなるのがこの方法です。

適応
└加齢による上まぶたのたるみ(重度〜軽度)。

[41]施術の流れ
[125]マーキング
施術部位をマーキングします。
マーキング

[126]麻酔
上まぶた切開部分に局所麻酔を行います。
痛みや起きた状態での手術が心配な方には静脈麻酔※を行い、眠ったまま手術を受けていただくことも可能です。

※別途、静脈麻酔代が必要となります。
[127]手術
上まぶたを切開し、余剰皮膚、眼輪筋の一部とその下方の結合組織を切除して、瞼板を露出させます。
まぶたの脂肪が厚い方は、眼窩脂肪を取ることで、すっきりとしたまぶたになります。
皮膚と瞼板または瞼板前組織に糸を3箇所程度かけて固定し、皮膚を縫合して終了です。

手術
[41]術後の経過
施術当日
洗顔とシャワーは、手術翌日から可能です。
抜糸後(7日後)まで長時間の入浴や激しい運動は避けてください。
ご自宅では可能な限り患部を冷やしてください。

3日後
消毒、ガーゼ交換を行います。3日後からは、まぶたを全開にした状態で日中の生活をする方がまぶたの腫れが、より早く落ち着きます。
1〜3ヶ月後
傷跡も目立たなくなってきます。
個人差がありますが、赤みが強い方でも3ヶ月程度で目立たなくなります。


[41]症例写真
眉下切開法
ビフォー   アフター
ビフォー アフター
[57]ドクターコメント
30代の患者様です。
最近上まぶたがたるんで重くなり、二重が狭くなったとのことです。
元々のお目元が好みとの事で、目尻側の下がった感じや二重のボテッとした感じを自然に改善させたいとのご希望です。
このようなご希望の場合、眉下切開がお勧めです。右は眉下切開後3週間目のお写真です。
お目元がすっきりとして、自然な仕上がりですね。目が大きくなりました。
今回のケースではやや眉毛が目に近いのでデザインを工夫して行ってます。通常皮膚切除のみですが、眼輪筋と脂肪を処理してよりすっきりとした仕上がりを目指しました。


その他の症例写真

[113]施術費用
施術費用へ
次ページへ
(眉下切開法へ)
[117]目のくま・たるみを取るに戻る
[134]二重術のすべてTOPに戻る
無料メール相談 無料カウンセリング予約

0120-922-079【受付】9:30〜20:00
0120(773)566【受付】20:00〜23:00(夜間は新規ご予約のみ承ります)

[110]お友達にこのサイトを紹介

関連サイト | プライバシーポリシー | サイトマップ

聖心美容外科オフィシャルサイト

東京 | 札幌 | 大宮 | 横浜 |
ブレッツァ聖心美容クリニック
名古屋 | 大阪 | 広島 | 福岡
このページのトップへ


copyright(C)2010
Mediclude Co.,Ltd.
All Rights Reserved.
Produced by Mediclude Co.,Ltd.